ペットショップの赤ちゃんペット

最近ホームセンターに行ったさいに、ペットコーナーを見に行きました。動物は好きですが、命を授かる生き物を育てる自信が無い私は、いつもペットショップで可愛いペットを眺めているのですが、最近ペットショップで様々な「赤ちゃん」ペットが増えていて見ていて頬がゆるみっぱなしになっているとワゴンの中に、プラスチックに水と一緒に入っているペットがいました。そのペットは「ウーパールーパー」の赤ちゃんでした。以前巨大なウーパールーパーは見た事はありましたが、私の親指くらいの大きさの小さなウーパールーパーは生まれて初めて見ました。まっくろい丸いおめめがとても可愛くて、ウーパールーパーを飼ってみようか迷ってしまいましたが、飼うと考えるとよーく考えてみると、確ウーパールーパーは、手足、尻尾が勝手に切れてしまう事がある事を思い出しました。(自然に新しい手足などは、はえてくるらしいのですが。)そんな状態の痛々しいのに耐えられないと思いました。そして何より一番の問題は、ウーパールーパーが成長し体が大きくなった時、怖くてめんどうをみてあげられ無い可能性が私の中で大きくなりそうだと思った私は、ウーパールーパーの将来を考えて、簡単に飼う事をやめたのでした。生き物を飼うならばヤッパリ確りと考えて飼う事が、大切だと改めて思いました。